不動産鑑定士 独学合格はこうやろう!

不動産鑑定士試験合格者の半数はTACなどの資格の学校に通っているらしい。それでも、独学で合格している人もいる。お金も時間もないが、工夫と努力で合格目指します!私の独学勉強法や使っている参考書から、鑑定士の年収まで色々ご紹介します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不動産鑑定士になるには

不動産鑑定士とは、不動産の鑑定評価に関する法律に基づき制定された国家資格で
不動産の経済価値に関する高度専門家のことです。

不動産鑑定士になるには、文系の国家資格の中でも公認会計士試験や司法試験と
ともに「三大国家試験」と呼ばれる不動産鑑定士試験に合格する必要があり、
かなり難易度の高い資格と言えます。

大まかな流れは以下の通り。

不動産鑑定士になるまでの流れ


STEP1:短答式試験(5月実施)に合格し、

STEP2:論文式試験(8月実施)に合格した後、

STEP3:実務修習(1~2年)を受けて修了考査に合格し、

STEP4:国土交通省の不動産鑑定士名簿に登録

することでやっと不動産鑑定士になることが出来ます。

短答式試験の合格率は毎年大体20%~30%くらい。

その合格者が論文式試験に進むことが出来ますが、
論文式試験の合格率は約10%とかなり厳しいです。

 →不動産鑑定士 合格率 推移

土地の価格が及ぼす社会的影響を考慮すれば、
ある意味そのくらい厳しくて当然なのかも知れませんけどね。

より詳しく知りたい方 → 不動産鑑定士について知るための本
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

たまごかんてーし

Author:たまごかんてーし
2009年12月 不動産鑑定士試験 合格を志す。

2010年6月 短答式試験 合格!

2010年10月 論文式試験 不合格(Eランク)

2011年10月 論文式試験 不合格(Aランク)

2012年10月 論文式試験 合格!

メニュー
QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。