不動産鑑定士 独学合格はこうやろう!

不動産鑑定士試験合格者の半数はTACなどの資格の学校に通っているらしい。それでも、独学で合格している人もいる。お金も時間もないが、工夫と努力で合格目指します!私の独学勉強法や使っている参考書から、鑑定士の年収まで色々ご紹介します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不動産鑑定士 実務修習 とは

実務修習とは、簡単に言えば不動産鑑定士試験の論文式試験に合格したあと、
不動産鑑定の現場で実際に鑑定書の作成にあたる研修のことです。

不動産鑑定業者、もしくは専門の大学で受けることが出来ます。

おおむね以下の順で行われることになります。

1.不動産の鑑定評価に関する講義

不動産の鑑定評価の実務に関する講義は、
不動産の鑑定評価に関する実務について、
その各段階における基礎となる知識を集合形式で修得する。

開催場所:東京
期間:前期5日間、後期5日間の計10日間
内容:講義、机上演習、確認テストなど

2.基本演習

基本演習は、鑑定評価報告書の作成において通常採用される手順を
実務修習生自ら作成することにより、修得する課程。

開催場所:東京or大阪
期間:1段階3日間で、計3段階9日間
内容:グループごと(各グループ4名)に現地調査から鑑定評価書の作成。
   かなりのボリュームらしい。

3.実地演習

実地演習は、不動産の鑑定評価に関する実務について、
実地において鑑定評価報告書の作成を通じて評価方法を修得する過程。

これが大変。

実務修習実施機関に登録されている企業又は大学で
指導を受けながら鑑定書を作成していきます。

年3回(3月、7月、10月)に分けて実地演習内訳報告内訳書等を
提出して審査を受ける必要があるので、かなり厳しい。

期間:1~2年のコースを選ぶ。

4.修了考査

修了考査は、不動産の鑑定評価に関する講義、
基本演習及び実地演習の各課程の単元を修得した方を対象に実施される。

鑑定士になるための最終試験。

論文式と、口頭試問がある。

まじめに実地演習を行っていればまず合格できるみたい。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

たまごかんてーし

Author:たまごかんてーし
2009年12月 不動産鑑定士試験 合格を志す。

2010年6月 短答式試験 合格!

2010年10月 論文式試験 不合格(Eランク)

2011年10月 論文式試験 不合格(Aランク)

2012年10月 論文式試験 合格!

メニュー
QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。