不動産鑑定士 独学合格はこうやろう!

不動産鑑定士試験合格者の半数はTACなどの資格の学校に通っているらしい。それでも、独学で合格している人もいる。お金も時間もないが、工夫と努力で合格目指します!私の独学勉強法や使っている参考書から、鑑定士の年収まで色々ご紹介します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不動産鑑定士 経済学 おすすめ問題集&参考書

不動産鑑定士 論文式試験合格のため
私が使っている経済学関係の過去問集と参考書を紹介します。

経済学 過去問集&問題集

経済学は毎年マクロ経済学とミクロ経済学から
1問ずつ出題されています。

過去問集はやはりTACの「もうだいじょうぶシリーズ」しかないですね。

最近の論文式試験では計算問題も良く出題されているので
計算問題集も必要だと思います。

不動産鑑定士 経済学 過去問題集 2015年度 (もうだいじょうぶ!!シリーズ)
不動産鑑定士経済学計算問題集 (もうだいじょうぶ!!シリーズ)


経済学 参考書

不動産鑑定士試験の経済学の問題のレベルは他の資格試験の
経済学の出題レベルと比較してかなり高い方だと思います。

基礎的な経済学の知識を把握した上での応用力が
論文式試験の解答のためには必要と感じました。

経済学ほんとに初心者向け

経済学をまったく勉強したことがなかった私にとっては
東大生が書いたやさしい経済の教科書」が
最初の導入としてかなり分かりやすかったです。

東大生が書いたやさしい経済の教科書


資格試験のための経済学参考書

資格試験対策のための経済学の基礎と応用力を
身につけるための参考書としては、
・「らくらく~」(茂木 喜久雄著)シリーズ
・「試験攻略~」(石川 秀樹 著)シリーズ

のどちらかがメインになると思います。

どちらも経済学初心者でも分かるように丁寧に
解説してくれていて、大きな差はありません。

ただ、どちらかというと

「らくらく~」シリーズ:解説が丁寧で、より初心者向き
「試験攻略~」シリーズ:解説はもちろん丁寧だがより実践的

という気がします。

ただ、らくらくシリーズは、経済学を理解するのには最適かも知れませんが、
不動産鑑定士の論文試験に要求されるより高度な知識を身につけるためには
上級編のある試験攻略シリーズの方がよいかもしれません。

また、どちらも論文対策用参考書が刊行されていますが、
これは「試験攻略シリーズ」の「論文マスター」の方がよいと思います。

暗記用論文構成シートというのが巻末に付いているので、
「あるテーマが出た場合にどういう論点で論文を構成すればいいか」をまとめたシートが
持ち運びサイズになってついているので、出先でも論文式試験の勉強ができる
という点がすばらしい。

らくらく 経済学入門シリーズ

試験対応 らくらくミクロ経済学入門

☆わたしのおすすめ
試験対応 らくらくマクロ経済学入門

☆私のおすすめ
らくらくミクロ・マクロ経済学入門 記述・論文編―試験対応
試験対応 らくらくミクロ・マクロ経済学入門 計算問題編

画像は楽天ブックスへのリンク、テキストはアマゾン(Amazon)への
リンクを張っていますので適宜ご活用下さい。

試験攻略 新・経済学入門塾シリーズ

試験攻略新経済学入門塾 1 マクロ編 (1)
試験攻略 新・経済学入門塾〈2〉ミクロ編
試験攻略 新・経済学入門塾〈3〉上級マクロ編

☆わたしのおすすめ
試験攻略 新・経済学入門塾〈4〉上級ミクロ編

☆わたしのおすすめ
試験攻略 新・経済学入門塾〈5〉論文マスター編

☆わたしのおすすめ
試験攻略 新・経済学入門塾〈6〉計算マスター編
試験攻略 新・経済学入門塾〈7〉難関論点クリア編


※2015年の情報に更新しました。
スポンサーサイト
プロフィール

たまごかんてーし

Author:たまごかんてーし
2009年12月 不動産鑑定士試験 合格を志す。

2010年6月 短答式試験 合格!

2010年10月 論文式試験 不合格(Eランク)

2011年10月 論文式試験 不合格(Aランク)

2012年10月 論文式試験 合格!

メニュー
QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。