不動産鑑定士 独学合格はこうやろう!

不動産鑑定士試験合格者の半数はTACなどの資格の学校に通っているらしい。それでも、独学で合格している人もいる。お金も時間もないが、工夫と努力で合格目指します!私の独学勉強法や使っている参考書から、鑑定士の年収まで色々ご紹介します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不動産鑑定士 一問一答:鑑定理論 【個別分析】

個別分析とは?

【回答欄】

スポンサーサイト

不動産鑑定士 論文式試験 成績通知書が届いた

2010年(平成22年度)の不動産鑑定士 論文式試験の成績通知書が
本日届きました。

結果は・・・「E」!

不合格者中、

1  ~100番まで A
101~200番まで B
201~300番まで C
301~500番まで D
501番以下     E
科目ごとに必要とされる一定の得点を満たさないことにより不合格 F

というランク分けのようです。

う~ん、予想はしていましたが全然ダメ、ということですね。

さすがに1ヶ月の勉強では歯が立たない、ということが分かりました。
(そりゃそうか)

ほんとは科目ごとに成績を教えてくれると嬉しいんですけどね。

とりあえず、来年に向けて頑張ります!

ただ、独学で論文式試験合格はなかなか難しいかも、
とちょっと弱気になりつつあります。

なにしろ不動産鑑定士の論文式試験は
市販の問題集、参考書の絶対量が少ないので
その点が不利ですね。

まぁ、とりあえず頑張ってみますか。

不動産鑑定士 一問一答:鑑定理論 【同一需給圏】

同一需給圏とは。
プロフィール

たまごかんてーし

Author:たまごかんてーし
2009年12月 不動産鑑定士試験 合格を志す。

2010年6月 短答式試験 合格!

2010年10月 論文式試験 不合格(Eランク)

2011年10月 論文式試験 不合格(Aランク)

2012年10月 論文式試験 合格!

メニュー
QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。