不動産鑑定士 独学合格はこうやろう!

不動産鑑定士試験合格者の半数はTACなどの資格の学校に通っているらしい。それでも、独学で合格している人もいる。お金も時間もないが、工夫と努力で合格目指します!私の独学勉強法や使っている参考書から、鑑定士の年収まで色々ご紹介します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

短答式試験 鑑定理論 私の独学勉強法

鑑定理論は

・不動産鑑定評価基準
・不動産鑑定評価基準運用上の留意事項


の2つに関する理解を問う問題が出題されます。

最初はまったく理解不能だと思いますが
繰り返し読むことでだんだん理解できます。


【必要な問題集・参考書】
(もうだいじょうぶ!!シリーズ) TAC出版
 ・・・以下「①過去問集」
      (もうだいじょうぶ!!シリーズ) TAC出版
 ・・・以下「②択一問集」
       (もうだいじょうぶ!!シリーズ) TAC出版
 ・・・以下「③暗記テキスト」



独学学習 第1段階 一通りやる

1.②択一問集を第1章から解く

2.1問ごと解説を見ながら③暗記テキストの該当箇所を読む

3.②択一問集が終わるまでそれを繰り返す。

4.①過去問集を最初からやる。

5.1問ごと①の解説を見ながら③暗記テキストの該当箇所を読む

6.①過去問集が終わったら、それで1クール目終了。


【ポイント】
①過去問集をいきなりやっても正直言って
まったく太刀打ちできません。
かといっていきなり基準を読んでも理解できません。

そこで、②択一問集は章毎に問題が作成されているので、
まずその問題をやってみて、1章毎関連する基準の記述を
③暗記テキストで読んでいくようにすると理解しやすいと思います。

いきなり基準を暗記しようと思うのではなく
試験に出やすい所はどこかを先に知った上で
そこを重点的に理解し、覚えること

が大事だと思います。

独学学習 第2段階 ひたすら基準を覚える

③暗記テキストを繰り返し読んで、基準を覚えて下さい。

丸暗記する必要はありませんが、
定義や鑑定評価の方法はある程度暗記
しておく必要があります。

独学学習 第3段階 過去問をやりながら基準を覚える

①過去問集をやりながらひたすら基準を覚えましょう。

私は半年で
・①過去問集を5回
・②択一問集を3回

くらいやりました。

③暗記テキストは、基本的に毎日読むことを
おすすめします。

ちょっとずつでも読むことで次第に頭に入ってきますから。


【更にあれば便利な参考書】
新・要説不動産鑑定評価基準
鑑定評価基準のオフィシャル解説書のようなもの。
いわゆる「要説」として知られ、よく問題に出る。特に論文式試験では必須。
不動産鑑定士鑑定理論の要点整理
図が豊富で、例えば自用の建物及びその敷地と貸家及びその敷地の違いなどがイメージでよく分かりました。
語呂合わせで規準を覚えるやり方も紹介されています。



ワンポイントアドバイス

・自分なりの整理ノートを作ろう
・鑑定理論暗記テキストを自分の使いやすいようにアレンジしよう
スポンサーサイト
プロフィール

たまごかんてーし

Author:たまごかんてーし
2009年12月 不動産鑑定士試験 合格を志す。

2010年6月 短答式試験 合格!

2010年10月 論文式試験 不合格(Eランク)

2011年10月 論文式試験 不合格(Aランク)

2012年10月 論文式試験 合格!

メニュー
QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。