不動産鑑定士 独学合格はこうやろう!

不動産鑑定士試験合格者の半数はTACなどの資格の学校に通っているらしい。それでも、独学で合格している人もいる。お金も時間もないが、工夫と努力で合格目指します!私の独学勉強法や使っている参考書から、鑑定士の年収まで色々ご紹介します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不動産鑑定士の就職先について

不動産鑑定士試験も終わり、後は結果を待つのみですが
仮に合格した時の転職先について色々と調べてみました。

不動産鑑定士の就職先としてありそうなのは
大体以下のものが代表的なようです。

不動産鑑定業者

やはり試験合格後は不動産鑑定業者に
就職するのが一番スタンダードなようです。

鑑定評価の扱い件数が多い代表的な会社としては
 ・一般財団法人 日本不動産研究所
 ・大和不動産鑑定株式会社
 ・谷澤総合鑑定
などでしょうか。

小さな不動産鑑定事務所ももちろんたくさんありますが
取扱件数が多ければその分実務修習の課題をこなすのも
容易なのである程度の規模がある会社の方が
1年コースで単位を取ることができそうです。

銀行・信託銀行

銀行、信託銀行も不動産鑑定士の就職先として
ポピュラーなようです。

鑑定評価というよりは不動産の担保価値や
証券化などの運用面により強みがあるようですね。

不動産会社

 不動産の売買や活用を行う企業でも不動産鑑定士の
資格を生かすことができます。

 鑑定評価の件数が多いのは日本土地建物などの大手。

まとめ

色々な場所で活躍できる不動産鑑定士の資格ですが
不動産市場の低迷が続く中、将来性という面ではやや不透明なところもありますね。

ただ、シャープをはじめとする製造業もかなり厳しいようですし
それを考えるとまだ低調ではあるものの、一定の需要がある
不動産鑑定業界はまだいいのかもしれませんね。

スポンサーサイト

不動産鑑定士の人数と将来性

不動産鑑定士って日本全国にどれだけいるんでしょうか?

詳しくは国土交通省のHPに掲載されていますが

不動産鑑定士・鑑定業者の登録状況
 
平成14年には6,315人(うち女性:217人)だったのが年々増えてきて
平成23年には7,566人(うち女性:480人)の方が不動産鑑定士として
登録しているようです。

意外と少ないんですね。
特に女性の鑑定士が2倍以上増えているものの、
それでもなぜか非常に少ないのが気になりますが・・・。

また、鑑定業者の登録数についても

平成14年:3,025 → 平成23年:3,381(大臣登録・知事登録の合計)

と増えていますが、これは将来性がある業種とみるべきか、
それとも競争が激化している、とみるべきか、難しいところですね。

人口が減少していくなかで当然仕事は減ってくるでしょうけど
一方で、企業会計制度の変更による不動産の時価評価の一部義務化に伴い、
財務諸表作成のための鑑定評価のニーズの増加なども見込まれているところです。

引き続き必要とされていく職業だと思いますので
やはり資格を取得する価値はこれからも高いのではないかと思います。

不動産鑑定士の年収

不動産鑑定士の年収・収入はどのくらいなのでしょうか?

気になったので政府統計の賃金構造基本統計調査で調べてみました。

統計によるとここ3年間(H20~H22)の不動産鑑定士の年収は
大体600万円~700万円のようです。

平均年齢勤続年数毎月給与年間賞与年収
H2045才18年55万円51万円720万円
H2150才9年48万円85万円660万円
H2255才25年44万円90万円620万円
 ※残業代などは除いた固定給与のみ

年々減っているように見えますが、不動産鑑定士は他の職種よりも
圧倒的にサンプル数が少なく、年によってかなりバラツキがでているようです。
(毎年20人~100人くらいのサンプルしか取っていない)

他の主な難関資格と比較してみると・・・。
【文系資格】
 ・弁護士   800~1200万円
 ・公認会計士 800~1000万円

【技術系資格】
 ・技術士   500~520万円
 ・一級建築士 550~640万円

弁護士などメジャーな職種に比べると不動産鑑定士の給料は安いみたいですが
技術系の資格保持者よりは若干恵まれている、という水準のようです。

鑑定業者に勤めるのか、銀行に勤めるのかなどによっても
収入格差はあると思うので一概には言えませんが、
そこそこの収入があって、かつ安定している職業、と言えるかも知れません。
プロフィール

たまごかんてーし

Author:たまごかんてーし
2009年12月 不動産鑑定士試験 合格を志す。

2010年6月 短答式試験 合格!

2010年10月 論文式試験 不合格(Eランク)

2011年10月 論文式試験 不合格(Aランク)

2012年10月 論文式試験 合格!

メニュー
QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。